確認しておきたい業者選びから中古トラックの購入までの流れ

中古トラックの検索から契約までの流れ

事業主、並びにこれから起業をされる皆さんの中には業務でトラックが必要な方も多いですよね。ですが大型ともなれば家が一軒買えるくらいの値段になるトラックを、何台も新車で買い揃えるのは難しいという方もいるのではないでしょうか。それなら中古トラックを検討されてはいかがでしょう。中古車販売業者には自家用トラックから事業用トラックまで幅広い車種を取り扱っているところも多いので、欲しいトラックが見つかることでしょう。
中古トラックを購入する際には、第一に欲しいトラックの条件を整理するところから始めます。予算やモデル、サイズなど大体の見当をつけて、そこからインターネットの比較サイトや業者の公式サイトで検索をすると、目当ての中古トラックを見つけることができます。
次に問い合わせですが、こちらは各サイトにお問い合わせフォームもありますが、やはり電話で直接やり取りをする方が、より詳しい情報を知ることができますし、相談にも応じてもらえるかと思います。
こうしてリサーチを終えたらいよいよ現車確認です。販売店や展示場に足を運んで、トラックの外観や内装、装備の動作確認などを行います。ここで納得できたら契約となり、納車までにかかる期間はおよそ1週間前後となります。

中古トラックを買う時は保証の充実した業者を選ぼう

価格は下がっているとはいえ、百万円から数百万円はする中古トラックですから購入に失敗はしたくありませんよね。そんな失敗のリスクを減らすには、事前の下調べを怠らないことが大切です。例えば一般的に中古トラックは中古車販売の専門業者を通じて購入することになるかと思いますが、その業者選びも非常に重要です。
では安心して利用できる業者を選ぶにはどう立ち回れば良いのでしょう。それには利用した人の口コミを参考にする、比較サイトやランキングサイトの紹介記事を参考にするなど色々ありますが、最後には業者の人柄がものをいうのではないでしょうか。というわけでとりあえずネットで評判の良い業者を複数ピックアップして、その後は電話や店頭での対応を見てみましょう。こちらの疑問には丁寧に応えてくれますか?現車確認の際は業者側から中古トラックのコンディションを説明してくれますか?もしもの時のアフターフォローはありますか?さらに購入後、一定期間内の保証はついていますか?こうしたことをポイントに、信頼できる業者を選びましょう。
特に修理保証は必須と言っても良いかと思います。トラックに限らずですが中古車というのはいくら整備点検を万全にしていても、それだけで安心とは言えません。なので修理保証のある業者を選ぶことをお勧めします。

中古トラックを購入する場合のチェックポイント

ご自身の事業や会社での業務の為にトラックを使用する場合、そのトラックを購入する等の準備が必要になりますが、トラック自体は販売価格も高い事から、中古トラックの購入が注目を集めております。そこで、インターネット等を使い中古トラックを購入する場合のポイントを抑えておきましょう。先ず大切な事は、中古のトラックを取り扱う業者が信頼できる販売店である事です。インターネットの情報には販売店の口コミ情報等も良際されているので、安心できる販売店で有るかの判断基準にする事が出来ます。次に大切なポイントは、ご自身で購入を検討するトラックを実際にチェックする事です。チェックするポイントとしては、走行距離、年式、タイヤの残量、過去のリコール歴等になります。中古トラックの場合、前のユーザーの使い方や手入れの状態によって車の状態が大きく変わって来ますので、実際にトラックを見る事が重要です。又、必要に応じてエンジンを掛けてみたり試運転等もさせてもらう事が出来れば、より一層トラックの状態を知る事も出来ます。更に、定期点検整備記録が残されている事も大切で、法定点検の記録を整備工場やディーラーが記録してくれるので、そのトラックの状態を知る手掛かりにもなります。


様々な種類の中古トラックが取り揃えられている中古トラック販売サイトでおすすめは「上野自動車」です。ぜひ一度チェックしてみてください。

ニュース